一般歯科|大阪府茨木市|矯正歯科|インプラント|審美歯科|𠮷岡歯科クリニック【舌側矯正、見えない矯正】

大阪府茨木市|矯正歯科|インプラント|審美歯科|𠮷岡歯科クリニック【舌側矯正、見えない矯正】

0120868418

一般歯科

虫歯の分類と治療法

虫歯は進行状況によって、C0~C4の5段階に分けられます。それぞれの特徴と治療方法は以下の通りです。

分類 特徴 治療法
CO
初期虫歯まだ歯に穴は開いてません。 フッ素とキシリトールを利用し、歯を再石化させる。(医師による治療はありません。)
C1
歯の表面のエナメル質にだけ穴があいたもの。痛みはありません。 放置すると進行してしまうので、削って詰める治療が必要な場合もあります。抑制をはかり、経過をみることもあります。削る部分は最小限となります。
C2
エナメル質の下にある象牙質に達した虫歯。まだ神経には達していないので強い痛みはありませんが、冷たいものや甘いものが沁み始めます。 削って詰める治療を行います。麻酔が必要となります。
C3
虫歯が神経に達し、歯髄炎を起こした状態。歯根膜に炎症が起き、歯根膜炎になることもあります。いずれも、激痛を伴うことが多くなります。 麻酔をして、歯を大きく深く削り、神経を取り除きます。
C4
神経が死んでしまった状態。痛みは軽減しますが、虫歯菌が血管を通り、心臓病や肝臓病を引き起こすこともあります。 歯の根の掃除をします。抜歯をすることもあります。

一般歯科の治療方法

一般に虫歯の治療といわれるものこれにあたります。ある程度進行した虫歯は削り取って修復しなければなりません。そして削った穴を色々な修復物で補います。

レジン修復

白いプラスチックを直接虫歯もの穴につけていく治療です。歯に近い色調で選択でき、主に前歯や奥歯の比較的小さい穴を埋めるのに使います。歯を必要以上に削らなくてもよいため、比較的やさしい修復といえます。 現在は最小限の侵襲で修復していくという治療が主流となってきていますが、すり減りや変色という経年的変化の問題もあります。

インレー

奥歯の比較的大きな穴や歯と歯の間の虫歯を修復するときに用います。削ったあと型取りをして穴につめる詰め物をつくります。それを口にの中で調整し、セメントでつける治療です。これは主に金属でつくります。レジンでつくる場合もあります。 保険のレジンインレーは材質的な問題があるため当院では勧めておりません。白い詰め物をご希望される場合は自費治療のセラミックインレーかハイブリッドセラミックインレーを選択されることをお勧めします。

クラウン

歯全体に虫歯が及んでおり詰め物では対応しきれない場合かぶせることによって歯の機能や形を取り戻していきます。神経をとった後は特にかぶせることが多いですが神経が残っている場合でもかぶせることがあります。 保険の場合、前歯のみ金属の表面にレジンというプラスチックを盛り足した冠をいれることができますが、経年的に黄ばみ、細菌が付着しやすいです。 臼歯には通常金属の銀色の冠をいれます。前歯、奥歯にかかわらず「変色ない歯」「天然と同じような白い歯」「アレルギーのでない歯」「長持ちする歯」など求める方は自費治療をおすすめいたします。

神経をとったり根管内をきれいにする歯内療法(C3、C4)

虫歯が神経に達し、歯髄炎をおこしてしまうと、何もしなくても痛みがあります。また感染した細菌が歯根の先から漏れ出ていくと歯根髄膜炎という炎症をおこし、噛むと痛いという症状がでます。

ページトップへ