レーザー治療|大阪府茨木市|矯正歯科|インプラント|審美歯科|𠮷岡歯科クリニック【舌側矯正、見えない矯正】

大阪府茨木市|矯正歯科|インプラント|審美歯科|𠮷岡歯科クリニック【舌側矯正、見えない矯正】

0120868418

レーザー治療

レーザー治療とは

レーザーは、光を増幅させる媒体の違いにより種々のレーザーが実用化されています。
当院では、歯科領域で最も多く使用され、
生体に最も安全であるといわれる炭酸ガスレーザーを使用し、
様々な治療に応用しています。

今日、レーザー治療は急速に進歩を遂げており、
通常の治療にレーザー治療を加えることでより精度の高い、
痛みの少ない、治り方がきれいな治療が可能となっています。

炭酸ガスレーザーの3大効果

上記の大きな3つの効果が有名ですが、
実際に歯科治療においてどのように応用できるのでしょう。

  • 1.痛みをとる
  • 2.傷・炎症を早く治す
  • 3.免疫機能を高める

歯肉の急性炎症緩和

メラニン色素が多く、歯肉が黒く着色している場合、炭酸ガスレーザーを応用することで痛みを感じさせることなくメラニン色素を除去し、きれいな歯肉へと変化させることができます。

口内炎の治療

以前は塗り薬で治していた、さわると痛い口内炎。パワーを低く抑えた炭酸ガスレーザーを照射すると、あてた瞬間から痛みがなくなり、早く治すことが可能です。

歯肉の切除

例えば、虫歯が歯肉の下の方まで進行していた場合、その歯を生かして機能させるためには、歯肉を切ってあげなければなりません。以前は電気メスで切除していました。 現在は、炭酸ガスレーザーを用いることで、電気メスの場合と比べて、歯肉がよりきれいな治り方をします。

義歯性褥創(ぎしせいじょくそう)

義歯の一部が強く歯肉に当たっていた場合、その部位が白っぽくなったり、傷ができたりします。出力を抑えてレーザー照射することでその治りを早くし、また、痛みは瞬時に消えてしまいます。

歯内治療

神経の治療では、神経をすべて除去し、さらに細菌も死滅させなければなりません。レーザーを根管(神経の穴)にあてることで細菌を取り除き、治療の成功率が上がります。

歯質の強化

レーザーを照射することにより歯の質を強くし、虫歯になるのを防ぎます。

ページトップへ